病院で医療事務の仕事をしています。現在32歳で独身。彼氏もいません。この年齢になってまだ独身だと世間からは行き遅れた女だって思われているようです。それは自分でも自覚しています。10年前には20代のうちに経済的に豊かな男性と結婚してセレブ妻になっていると理想を抱いていましたが、その理想とは正反対で一人寂しくギリギリの生活をしています。

 

今では質素で地味な女に成り下がってしまいましたが、以前は収入もたくさんあり、たくさんの男性にチヤホヤされて、華やかな生活を送っていました。愛人のパパもいたので一般の女性からすればかなり贅沢な思いをさせてもらっていたと思います。若くして贅沢な生活が出来たのには理由があります。何を隠そう私は元ホステス。19歳で水商売の道に入り29歳までの10年間ホステスをやっていました。

 

自慢になってしまいますが当時は1を常に争うほど人気がありました。私と愛人契約を結びたいとおっしゃってくれるお客様はたくさんいましたし、その中で一番お金持ちな男性の愛人にしてもらっていました。お店で比較的人気のない女の子たちは、こぞって愛人バンクや愛人掲示板を使ってましたが、私は愛人募集なんてせずとも男性たちの方から多くの申し出を受けていました。

 

しかし30歳を目前にして人気はガタ落ちになり収入も激減。ちょうどその頃愛人契約を結んでいたパパが経営する会社が破綻し捨てられてしまいました。これを機に私の人生が大きく変わりました。人気がなければ店にいる価値はありません。必然的に水商売から足を洗う事になり、この先ひとりで生きていくためにと思い、医療事務の資格をとって少ない収入で何とかやり繰りをしています。

 

最低気の生活をするだけなら支障はないのですが、やはりその頃の華やかな生活が忘れられなくて、愛人募集をすることに決めました。

 

有利な条件で契約を希望する方に
愛人契約サイトランキング
全てのサイトに登録しておすすめランキングを付けてみました。

 

[プロフィール]
あや
性別:女
年齢:32歳
職業:医療事務

 

19歳〜29歳までの10年間ホステスとして働いていた。当時は店の1を争うほど人気だったが、30歳を目前にして人気は落ち、水商売からは足を洗う。その後は自分の力だけで生きていくために医療事務の資格を取って病院で働いている。以前はホステスの収入とパパからの助けがあって贅沢三昧な生活をしていたが、今では少ない給料をやりくりして暮らしている。あの時の生活が忘れられなくて愛人を作った。

生活ができない

水商売から足を洗って質素に暮らし始めたころは、その生活が新鮮で充実感も抱いていました。私は今まで労働というのをしたことがなかったから、汗水だして働いてわずかなお給料をもらうという事がとても刺激的でした。しかしそんな充実感も長くは続きません。高校を卒業した時から贅沢三昧の生活をしてきていたので、その快感は私の頭と体に染みついています。質素な生活に身を置き始めても、またあの華やかな時に戻りたいと思うようになりました。

 

またホステスとして働くことも考えました。しかしもう32歳。今から戻っても売れる自信はありません。若いホステスたちも力をつけてきていますし、そんな中戻っていってもプライドがガタガタに崩れていくだけのこと。せめて愛人だけでも欲しい。そう思い愛人募集をすることにしました。どうしてもあの時のような生活がしたいんです。

 

以前ならお店に来るお客さんと愛人契約を結べばよかったのですが、今の私にはそんな出会いはありません。病院の同僚に男性を紹介してもらったとしても経済的に豊かな男性がいるはずありません。こんなこと言うと怒られるかもしれませんが、質素な環境には質素な人しか存在しないものです。お金持ちの人なんて今の環境では絶対に見つけることは出来ません。

 

愛人バンクや愛人掲示板などなど色々な方法があるのは知っていましたが、売れないホステス仲間が利用していて成功していなかったのを覚えていますから、今さら手を出すこともありません。何かいい方法はないかと悩んでいた時、以前一緒にホステスをしていて1争いをしていた友人に相談してみました。

 

すると思ってもいなかった答えが返ってきました。「今は出会い系サイトで愛人をつくる時代」とのことです。出会い系サイト?まさか出会い系サイトで愛人をつくるなんて。私は全く信じていませんでしたが、なんだか嘘でもなさそうです。私の友人もホステスをやめた後に出会い系サイトを使って愛人を作ったそうです。騙されたと思って詳しく聞いてみることにしました。

ライバルが多い

以前一緒にホステスをやっていた友人に、愛人募集が出来る出会い系サイトをいくつか教えてもらいました。はっきり言ってこの時点では半信半疑です。なぜなら出会い系サイトにあまり良い印象がなかったからです。もちろん過去に利用したことはありません。ですがいろいろな噂話は聞いていましたし、ニュースなどでも見たことがありました。出会い系サイトで知り合った男女がもめて犯罪になったり、ワンクリック詐欺などの被害も良く耳にしていました。そんな悪い印象の出会い系サイトでまさか愛人をつくるだなんて考えてもみなかったからです。

 

しかし実際教えてもらった出会い系サイトを見てみると、私が抱いていた印象とは全く正反対。犯罪の匂いなんて一切しませんでした。それどころか愛人募集をしている男女が想像以上に多かったことに驚かされました。愛人というと私がいたような夜の世界の中だけの話だと思っていたんです。ですが出会い系サイトの中ではごくごく一般の女性たちも経済的に豊かな男性と出会うべく、掲示板に書き込みをしたりしています。もはや普通の女性でも愛人契約を結ぶ時代になったんですね。それはおそらく出会い系サイトが進歩したからなのかもしれません。

 

具体的に言えば掲示板も彼氏彼女を募集するピュア系や、セフレや愛人募集をするアダルト系などたくさんのジャンル分けがされています。このようにジャンル分けされていれば目的が一致しな人と交渉するような無駄が省けるので、非常に効率的だと思いました。

 

しかし多くの男女が愛人を求めてひしめき合っているのなら、当然ライバルが多いという事ですよね。経済的に豊かな男性は数が限られています。その男性と仲良くなるべく多くの女性が動いているなら、待っているだけは決して捕まえることは出来ません。私は友人に具体的にどうすれば豊かな男性をゲットできるのか、改めて相談することにしました。

複数登録でチャンス倍増

出会い系サイトで愛人募集をしている女性は意外にも多くて驚きました。しかしそれだけいればライバルがたくさん存在するという事。ボケっと声がかかるのを待っていたらライバルに差をつけられてしまいます。私は出会い系サイトで愛人を作った友人に、上手なやり方を教えてもらいました。

 

友人曰く「複数の出会い系サイトに登録することがベスト」とのこと。確かにたった一つの出会い系サイトに登録して指をくわえて待っているだけでは成果は期待できないと思います。限られた数の中から探すよりも、より多くの男性に自分という存在を知ってもらう事が何より大事だという事が分かりました。そのために複数の出会い系サイトを私に紹介してくれたようです。友人はそのすべてのサイトで男性と出会った経験があるようなので、紹介してくれたサイトは信用に値するサイトだという事が分かりました。

 

正直言うと私は機械音痴なので、登録作業なんかは結構苦手です。それが複数になればかなりの労力。登録の時点で断念してしまうかもしれないと思っていましたが、どのサイトもとてもシンプルなシステムだったので、私でもあっという間に登録を済ませることが出来ました。

 

登録が終われば早速愛人募集の作業です。友人に言われた通り、掲示板にはより詳しく自分の事を分かってもらえるように書き込みをして、写真を載せてと結構まじめに取り組んでいました。すると案外すぐに多くの男性から声を掛けてもらって、その男性の中から私のタイプで素敵なお金持ちの男性を見つけることが出来ました。

 

友人の言っていたことに嘘はひとつもありませんでした。出会い系サイトで愛人契約ができること。出来るだけ複数の出会い系サイトに登録することがベストだという事を身をもって理解することが出来ました。

愛人候補が多いサイト

こうして出会い系サイトを使って、お金持ちな男性と愛人契約を結ぶことが出来たわけですが、私が利用した出会い系サイトは本当にすごいサイトでした。何よりも凄いと思ったのが会員数です。一番多いサイトで会員数が400万人ですよ!?400万人ていえば、四国全部の県の人口を足しても届かない人数です。これってとんでもない人数ですよね。そんなにたくさんの人が利用しているなんて想像もしていなかったら、かなり驚きました。

 

おそらく多くの出会いが実る理由はここにあるんでしょうね。もしも会員数が少なければ比例して出会いの数も少なくなります。そりゃそうですよね。3人の男性にアプローチするよりも100人の男性に自分を見てもらったほうが出会える確率は高くなります。お金持ちの男性だって、会員数が多ければ多いほどたくさんいるでしょうしね。

 

愛人募集だけでなくどんな出会いでも、会員数の多い出会い系サイトを利用することが何よりの近道だって友人も言っていました。会員数が多いのは人気がある証拠だし、人気があるのは出会いがたくさんある証拠。会員数が多い出会い系サイトを複数使ったから、私もすんなりお金持ちな男性の愛人になることが出来たんだと思います。

 

今考えていると、ホステスをやっていた時も同じでした。業界では指名されることを担当と呼ぶんですが、担当が一人か二人の人気のないホステスよりも、数多く担当を持っているホステスの方が愛人契約を結ぶ確率は高かったですからね。やはり絶対数というのは非常に大事な事なんだと思います。

 

きっと私だけじゃなくて多くの女性たちが、出会い系サイトで愛人募集をして幸せになっているんでしょうね。なかには本当に生活に苦しんでいる人もいたでしょう。愛人というとどこか悪いイメージを持たれてしまいますが、実際は当然のこと。結婚しているかしていないかの違いだけです。胸を張って愛人募集が出来る出会い系サイトは素敵なツールだと思います。

無料サイトで愛人は出来ない

愛人募集をするなら、私は絶対に出会い系サイトを複数利用することをおすすめしますが、だからといって手当たり次第に登録をすればいいという事ではありません。たまたま私は、友人にとても良い出会い系サイトを紹介してもらったからすぐに愛人契約を結ぶことが出来ましたが、もし紹介してもらってなかったら手当たり次第に登録して痛い目にあっていたかもしれません。

 

特に利用してはいけない出会い系サイトは無料の出会い系サイトです。たぶん無料だと手軽に利用できるから多くの男性が使っていると思います。数からいえば多いと思いますけど、愛人募集となると量よりも質の方が大事なのではないでしょうか。やはり経済的に豊かな人でなければ愛人を召し抱えることは出来ないと思います。無料というものに飛びつく男性の多くは経済的に豊かでない人がほとんどだと思います。そのような男性と出会っても愛人として養ってもらうのは難しいでしょう。もしかしたら愛人という言葉で女性をつってヤルだけが目的の人もいるかもしれません。

 

そもそも無料の出会い系サイトって、多くの場合は出会えないらしいですよ。出会い系なのに出会えないっておかしな話ですけど、悪徳サイトに繋がっていて登録させるために存在しているっていう話も聞きました。男性に出会えないんだったら愛人を作ることなんて不可能です。

 

このような理由から、無料の出会い系サイトでは愛人は出来ないという事になります。私が利用した出会い系サイトは全て男性が有料のサイトばかりです。サイトの料金もかさめば大きな金額になるでしょうけど、サイト料金すらケチる人はやめた方がいいかもしれません。少しでも豊かで素敵な人と関係を持つためには、やはり無料ではなくしっかりした有料サイトを選ぶべきだと私は思います。

身元確かな愛人と契約

以前ホステス時代に関係を持っていた愛人のパパもそうだったんですが、確かな身元の人じゃなければ安心して関係を続けることは出来ません。愛人は結婚相手ではありません。彼氏彼女の関係でもありません。ですのでどこか無機質な関係のように思われがちです。しかし少なからずお互いを愛し、愛されています。ですので単なる遊びではないので、身元が確かな人でなければ素敵な相手とは言えません。私の以前のパパは、それはそれは誰もが知るような会社の経営者の方で、確かな身元のな方でした。そのため私も安心して関係を続けていくことが出来ました。

 

これはインターネットで愛人募集をするときでも同じことがいえると思います。インターネット上では、相手の人となりを全て把握することは難しいです。しかしシステムで身元がはっきりしていることが分かれば少なからず安心です。私が使った優良出会い系サイトでは、登録の際にしっかりと本人確認をしなければ登録できません。電話番号の認証と年齢の認証がありました。電話を掛けたり免許証を写真で送ったりして認証するので少しだけ手間がかかりますが、この認証があるからお互いに安心してお付き合いが出来るんだと思います。

 

たかが電話番号と年齢だけの認証ですけど、この認証がなければ一人がいくつもの名前で登録して悪用することだって出来てしまいますし、年齢も詐称して登録することが出来てしまいます。よくあるサクラ被害にも合わなくて済むようになります。幸せになるために出会い系サイトを使うのに、被害にあってしまっては仕方ありませんからね。

 

このような理由から、本人確認がある出会い系サイトは信用に値するサイトだと私は思います。愛人募集をするなら本人確認がある優良サイトを選ぶ事が最も大切だと感じています。

LINEで愛人募集出来る?

最近もの凄く流行っているLINE。このLINEを愛人募集のためのツールとsて利用している人もいると聞きました。実はLINEは私も使っています。使い始めたのは最近で結構時代遅れなところがありますけどね。しかし私は友人と連絡を取ったり暇つぶしにゲームをやったりするくらいです。LINEを出会いの為に使うだなんて考えたこともなかったんですが。

 

聞く話によるとLINEのIDを交換するネット上の掲示板があるらしいですね。そこに書き込みをしたり、書き込んであるIDに連絡をすることで出会いに繋がるというシステムになっているみたいです。一見便利で愛人募集にも使えそうなツールですが、実際はそうでもないみたいですね。

 

優良の出会い系サイトなら本人確認があるから安心だといいましたが、LINEの掲示板は本人確認はおろか、登録という事もしないそうです。これは怖いですよね。本人確認がなければ身元が確かな人かどうか判断することはできません。言い方が悪いかもしれませんがどこの馬の骨か分からない男性に自分のLINEのIDを教えるわけですから、あまり良い事ではないですよね。むしろ危険すぎます。

 

それにLINE掲示板に書き込みをするとIDが使えなくなるらしいです。色んな規制があるんでしょうね。規制違反になって利用できなるみたいですよ。いくら気軽に無料で使えるからといって、そんなリスクを背負ってまで使うべきものではないように思います。

 

だったら私が使ったようで優良な出会い系サイトを使ったほうが、愛人契約をして下さる男性を見つけるには早いと思います。なにより安全ですし。LINE掲示板は私にはとてもじゃないけど怖くて利用できません。やっぱり経済的に豊かで優しくて安心できる愛人がほしいですからね。

フェイスブックで愛人募集

最近流行っているといえばLINE以外にもフェイスブックがありますよね。私も機械音痴ながらたまに写真を投稿したりしています。色んな人と情報を共有できるので結構楽しいです。これもまたLINE同様、出会いのためのツールに使っている人もいるみたいですね。

 

でもどうなんでしょう。愛人募集には向いていないと私は思います。だってフェイスブックって本名で登録するものでしょう。最初から本名を公開して愛人募集をしている男性がいるとは思えません。そもそも愛人契約を結んでくれる男性というのは経済的に豊かな人です。そのような人は社会的な地位もある方たちばかり。そんな方たちが堂々と本名を公開して愛人募集をしているとは考えにくいです。

 

それに出会い系サイトと違って、フェイスブックは利用している人すべてが出会いを求めているわけじゃないでしょう?友達との連絡に使ったり、おいしいご飯を食べた写真を載せたり旅行の思い出を公開したり、出会いとは別の目的の人がほとんどだと思います。その中で愛人募集をしている男性を見つけるのは、かなり手間も時間もかかるんじゃないでしょうか?途方もない気がして私はやりたくありません。事実出会いを目的に写真や投稿をしている人を見たことがありません。それに何度も何度もメッセ―ジを送り続けるとアカウントが停止になることもあるらしいですから、うまくいくはずがありませんよね、

 

そのように時間を無駄に使うなら、出会い系サイトに登録してすぐにお金持ちな男性を探した方が絶対に良いと思います。出会い系サイトで愛人を見つけた私がいうんですから、これは事実ですよ。

 

餅は餅屋です。出会いは出会い系。下手な裏技をつかうより、専門のサイトを使う事が近道なのではないでしょうか。

ネットで愛人募集するには

大人になればなるほど現実社会での出会いはどんどん少なくなっていきます。皆忙しく仕事に追われ、会社と家の往復だけ。お給料も少ないから、休日に出会いがありそうなところに出かけることもありません。そうなれば出会いの機会が少なくなるのも当たり前ですよね。それが愛人募集ならなおさらのこと。以前の私のように売れっ子ホステスなら日常的にお金持ちの男性と知り合う機会はあります。その男性たちから契約の話を持ち掛けられることもあります。しかし一般の世界はそうではありません。

 

そのため私もそうですが、ネットで相手を見つけなければならなくなります。しかしネット上の愛人専門サービスが今は存在しないのをご存知でしたか?私の以前の同僚も使っていたのでよく覚えています。昔なら愛人募集を専門とするネットサービスがあったから、それに登録して簡単に愛人を見つけることが出来ていました。でも色々な規制が出来たために、今ではほとんど見なくなりました。きっと安全な出会いができないさサービスが多かったんでしょうね。危険性を鑑みて規制が厳しくなったんではないでしょうか。

 

そうなるとネットで愛人募集をするなら出会い系サイトを使うしか手段がありません。それで多くの方が出会い系サイトでお金持ちな男性を探しているでしょう。でも出会い系サイトは、以前の愛人専門サービスよりも効率よく出会うことが出来ると思いますよ。出会い系サイトは愛人専門ではないですけど、サイトの中にその目的を持った方が集まる掲示板があるからスムーズに相手を見つけることが出来ます。回りくどいサービスを使うよりも話は早いと思います。

 

現実社会で見つけられれば別ですが、ネットで愛人を見つけたいのなら手段は出会い系サイトしかないんじゃないでしょうか。